診療科等のご案内

小児科

診療内容

当院小児科は、水戸市内でも数少なくなった入院の可能な小児科として、地域医療に重責を担ってきました。感染症などを中心に外来に対応しております。予防接種と健診は、一般診療と分けて予約制で行っております。

※現在、入院診療は対応していません。

担当医

担当医 資格/所属学会
根本 厚子
(非常勤)
日本小児科学会認定 小児科専門医

乳児検診(火曜日午後)

生後1ヶ月から6歳(予約制です。早めに電話で申し込んでください。)
無料券があるかたは記入できるところを記入してご持参ください。

予防接種(火・木曜日午後)

電話で予約してください。

定期接種 ヒブワクチン、小児肺炎球菌、BCG、四種混合、三種混合、二種混合、麻疹・風疹混合ワクチン、日本脳炎、不活化ポリオ、子宮頚がん(小6〜中3まで)
任意接種 おたふくかぜ、水痘、小児インフルエンザ、B型肝炎ワクチン、ロタウイルス
  • 予防接種の際には母子手帳、予防接種券(水戸市の方のみ)、小学生以上であれば学校の予防接種カードを持参してください。
  • 予防接種には必ずお母さんまたはお父さんが付き添ってください。もし、代理人(おばあさん、おじいさんなど)の場合は委任状が必要になります。
  • 予防接種の接種計画などご相談になりたい方は診療時間内に母子手帳を持って小児科外来窓口においでください。

小児科を受診される時の保護者の方へのお願い

受診時に持ってくるもの
  • 母子手帳、保険証、診察券(特に母子手帳は大切な情報源です。)
  • 熱のある方は熱の経過の記録があれば持ってきてください。
  • 便がおかしいときはその便を持ってきてください。
  • 他の病院でもらった薬があれば薬の名前がわかるものか薬そのものを持ってきてください。
  • 小さなお子さんは哺乳ビンやお気に入りのおもちゃ。
伝染性のある水ぼうそう、はしか、風疹などの疑いのある発疹が出ている場合やおたふくかぜのようにあごの下がはれている場合
  • 病院受付で申し出てください。
  • 病院で他の方に伝染しないように別室で診察になります。