医療機関の方へ

POS委員会

委員長 森田 伸子

目的

POS委員会は看護記録の意義について理解し、POS・看護診断の活用を図ることによって、質の高い看護ケアを効率よく提供するために、看護実践の記録について院内浸透を促進することを目的として活動しています。また、POSに基づいた看護記録の内容充実に関すること、記録充実のための調査・研究に関することを行っています。

任務・役割

  1. POSに基づいた看護記録の内容充実
  2. 記録充実のための職員教育・指導
  3. 患者ケアの充実を目指した看護記録のための調査・研究究

活動報告

  1. 看護記録マニュアルの定期的な見直し・変更
  2. マニュアルに沿った記録を目指したカルテ監査
  3. 記録充実のための院内・院外教育
    • 日本看護診断学会学術大会への参加
    • POSと看護診断の研修
    • 看護診断を導く事例検討会
      ※看護診断の研修に関しては、毎年院外より講師をお招きして行っています。
      平成27年度は棚橋泰之先生(神奈川歯科大学短期大学部 看護学科 准教授)をお招きし、講義とグループワークを行う予定です。