医療機関の方へ

院内教育

看護のレベルアップを図り、患者個別の看護が適切に行われるためには、看護師一人ひとりの能力開発こそ大切です。看護教育委員会を設置し、一貫性のある系統的な看護の継続教育をめざしています。講演・講義・研究発表会等開催して、看護の知識・技術の増幅、練磨に努めています。

教育目標

1.患者のQOLの向上をめざし、より質の高い看護実践能力を主体的に継続的に獲得し実践できる人材を育成する。
  • 医療情勢の変化に対応した、実践に必要な知識・技術・態度を養う。
  • 対象のニーズに応じた、科学的看護の実践能力を養う。
  • 患者の心理的側面を的確に把握できる豊かな感性を持ち、問題解決を的確に導く事ができる。
  • チーム内での役割意識を持ち、患者が安心して療養生活が過ごせるようリーダーシップ機能が発揮できる能力を育成する。
2.目標となる看護師の育成をめざし、その個々の段階に応じた教育を企画する。
  • 患者目標を共有した看護過程の展開ができる。
  • 安全で安楽な看護の技術を提供できる。
  • POSを活用し、問題解決能力を高めチームナーシングを定着できる。

院内教育活動

新人研修 (平成22年度より新人看護師臨床研修制度開始)
  1. 入職前新人看護師研修
  2. 総合オリエンテーション
  3. 継続オリエンテーション
  4. 部署別オリエンテーション
  5. 基礎看護技術演習
  6. チーム発想法 (宿泊研修)
  7. 事例検討発表会
  8. POSと看護診断基調講演
卒後3年目研修
  1. プリセプター養成研修
リーダーシップ研修
  1. 臨地実習指導者研修
  2. チームリーダー育成研修
師長・主任研修  
看護研究
  1. 看護研究基調講義
  2. 看護研究発表会
  3. 看護診断研修会
安全管理研修
  1. 感染管理研修(標準予防策)
  2. 安全管理研修

新人フォローアップ研修の様子

看護助手研修(標準予防策について)

平成24年度看護事例検討発表会の様子

プリセプター養成研修の感想

プリセプター養成研修とは、ある期間、新人看護師一人に担当の先輩看護師が一人(あるいは二人)つき、仕事の教育・指導を行なう新人教育制度です。


実際のプリセプター養成研修の様子
1年目看護師 (プリセプターに出会って)

プリセプターと共にこれまで知識、技術、態度面において日々振り返りをしながら学び身に付けてきました。他者からの評価がある分、自分で良いと思って行っていた事が間違ってと気付いたりもっと良い方法に気付いたりと、学びも多くとても自分自身が成長していける一年でした。

初めは覚えることも沢山あり、病棟の流れや特徴、検査や患者さまの把握と疾患の理解など、家に帰ってからも勉強しないとついていけないことばかりで、その勉強についていくのが大変で、生活のリズムをつかむまでに時間がかかりました。まるで学生時代の実習をしているかのような日々で、こんなに大変だとは思っていなかったので、精神的にも身体的にも辛いなと感じることもありました。

でも“プリセプター”や“プリプリセプター”の指導のもと、毎日ケアや処置などを行なってきましたが、その中で点滴の手技や輸液の滴下の速度調整はうまくいかない事も多く、点滴の手技では、初めは患者さまに痛みなどの苦痛を与えてしまっていました。口答での指導の他に、血管の模型を作成してくれての練習も行ってくださいました。

その後、手技を身に付けてから、点滴を刺した時に患者さまから「痛くなかったよ」という言葉をもらえた時は練習の成果があったのかなと嬉しい気持ちになりました。また、輸液の時間の設定では、時間通りに設定したはずなのに、残量が多くなってしまい口答で何度も指導されましたがそれでも改善されなかった時に、頻回に見に行く事の他にタイマーを使う方法を考えてくださって、他のケアをしていても見に行くのを忘れてしまわないように思えるようになっていきました。

他の仕事をしていながらも、どこかで見ていてくれて、「大丈夫?」と声を掛けてくれること。仕事が遅くなってしまった時でも、終わるまで待っていてくれて最後まで指導してくれました。今後は、これまで教わった事や学んだ事を忘れずに、基礎的な部分を大事にしながら今までの自分の知識、技術、態度をより向上させていけるよう努力していきたいと思います。

3ケ月を振り返って(プリセプターとして)

はじめプリセプター役割として声を掛けられた時は、自分のことで一杯なのに新人指導なんてできるのかと不安がありました。私自身も本で「プリセプターとは」と学習しましたが、行き着く先は「ひとりで頑張らないといけない」という思いが強くありました。

新人が入職してきて、どう教えてよいかわからず、以前プリセプターを経験している先輩に聞いたり、同期のNSに相談したり、指導者(プリプリセプター)へ相談しながらはじめていきました。初めの頃は本当にこの人で大丈夫なのかな?と新人に不安を与えていたかもしれません。しかし、私が指導する前に師長、指導者が私に指導をしてくれ、支えてくれました。また、教えていくうちに、「見学する」一「一緒に行う」一「実施」と流れをもっていく過程で「考える力がついてくる」ということも分かってきました。

さらに指導をしていくうえで自分が理解していなければ適当に理解することになる為、私も経験がなかった事を一緒に調べ、行う事で再学習できるよい機会になりました。技術面の方は、基本技術チェックリストの他、新人と一緒に相談して年間スケジュールをたて、月毎の目標や評価も行っています。基本技術項目は、 3、6、9、12ケ月に分け、取り組めるようにしましたが、実践の中では計画どおりの学習は難しいのが現状でしたが、スタッフの協力を得て学習できました。また、リスクマネージメントや患者さまの意思を尊重する等は特に注意して指導していかなければならないなと思います。

さらに、処置やケアが終わった時にどうだったか?時間によって無理な時は勤務後に振り返りを持つ時間をつくるようにしていきました。はじめは分からないこと分からもわからない状態でしたが、些細なことでも段々質問してくる様になり、質問すると考える努力も見えてきています。彼女は表情に出さないタイプで、最初の頃はメモもとらなく、きちんと話を聞いているのか、分かって返事をしているのかが見えにくかったのですが、最近では、笑顔が増えて、病棟にも慣れてきたのだなと感じています。

一人立ちをする事によって分かりずらく、見えない部分があります。しかし、離れて感じるところはあるので、その場で指導していきたいし、これからも精神的支えになれるかは問題ですが、見守っていきたいと思っています。また、この前の勉強会で行っていたように一人で育てるのではなく、みんなで育てるということが理解できたので、このことを頭に置き、スタッフにも目を配って貰えるように声掛けをしていきたいと思います。