医療機関の方へ

手術室・中央材料室

主任 綿引 美智子

手術室の特徴

  1. 常に、患者の安全確保を最優先に考えた正確な看護を提供する。
  2. 合併症を持つ患者や高齢者の手術が増加しているため、術中・術後の管理には幅広い知識と細心の注意を要する
  3. 手術はチーム(医師、看護師、技師など)で行われるので、各々が役割と責任を自覚しつつ協調性を持って職務にあたる。
  4. 多種多様の器具・器械・ME機器・薬品が使用されるので、十分に準備を行い、正しく安全に用いられるよう正確な知識を身につけ、その取り扱いには常に注意を払う必要がある。
  5. 手術には常に危険が伴うものであることを認識し、細やかな観察と予測性を持ってケアにあたり、急変時には的確な判断と機敏な行動が必要である。
  6. 手術の長時間化および臨時・緊急手術に対応するために、心身共にしっかりした自己管理が必要である。
  7. 安全性とともに、効率性・経済性も考慮しなければならない。

対象手術

外科 甲状腺疾患、乳腺疾患、消化器疾患、副腎、ソケイヘルニア等
整形外科 骨折、脱臼、人工関節置換等

看護の方針

患者に最も適した安全・安楽な環境を作り、患者が受ける手術・処置がその本来の目的を逸脱せずに遂行されるよう、周手術期を通して援助する。

設備

  • 手術室3室
  • バイオクリーンルーム

週間手術予定

外科、整形共に、月曜日から金曜日に予定する。