受診される方へ

医療リンパ浮腫外来

リンパ浮腫とは

リンパ浮腫とは、リンパ節やリンパ管の発育不全や二次的な原因(乳がん・子宮がん・前立腺がん等の外科的療法、放射線療法の後遺症、静脈疾患、長期に渡る寝たきり状態、脳神経障害による廃用性浮腫等)によるリンパ管の圧迫、狭窄、閉塞によりリンパの流れが滞留した状態をいいます。

症状は、手(腕)や足(脚)等の腫れ、重圧感、深部痛、だるさ、疲れやすさ等を感じます。むくみは術後すぐに生じてくる場合もあれば、5年や10年経過してから発症する場合もあります。

症状はゆっくりと進行しますが、長期にわたり適切な治療を受けない状態で放置したり、頻繁に炎症を繰り返すと象皮病(皮膚組織の硬化、角化)にまで進む場合もあります。

むくみを感じたらできるだけ早くに専門医や主治医より適切な診断を受け、下記のような治療を始めることが大切です。

治療について

当院では、国際リンパ学会において標準治療として認められている「複合的理学療法」に準じて、ひとりひとりの異なる「リンパ浮腫」の症状に対応していきます。

基本的な内容として

  1. 「スキンケア」
  2. 「医療徒手リンパドレナージ」
  3. 「圧迫療法」
  4. 「排液を促す運動療法(圧迫下)」

を行います。

スキンケア」は治療開始前に水虫(真菌)を治したり、乾燥しやすい皮膚の保湿を忘れないようにします。

医療徒手リンパドレナージ」は、ゆっくりとしたやわらかいマッサージ法で、滞っているリンパ液の流れを適切に排液し、むくみを緩和させます。また、硬くなった皮膚をほぐし、皮膚の状態を改善する効果があります。

圧迫療法」は、「医療徒手リンパドレナージ」により、改善された皮膚の柔らかさ、良好な状態を維持・改善するため。むくみの状態によって弾性包帯を巻いて圧迫する方法と、適切な弾性スリーブやストッキング等を着用する方法をうまく組み合わせてすすめていきます。

排液を促す運動療法(圧迫下)」は、圧迫した状態で運動を行う生活環境に応じて、リンパ液の排液を促すことができます。これらの療法を併用することにより、初めて大きな効果が生まれてきます。

また、ご自宅でのセルフケアの指導も合わせて行っております。

→ 医療リンパ浮腫外来のご案内